電子書籍の作成メモ

ブログ記事の原稿ファイルを使って電子書籍を作ってみる。

原稿ファイルの作成

ブログ記事の原稿を書くときはMarkdownで記述し、mdファイルとして保存する。私はmdファイルを「~/ドキュメント/blog」フォルダーに保存している。

cssファイルの作成

○以下のプログラムを「layout.css」ファイルとして「~/ドキュメント/blog」フォルダーに保存する。

@charset "utf-8";

blockquote {
    font-style: italic;
    font-weight: bold;
}
font {
    font-weight: bold;
}
h3 {
    border-bottom: 0.125em solid darkcyan;
    color: #111;
    margin-bottom: 1.0em;
    padding: 0.25em 0.5em;
    page-break-before: always;
}
h4 {
    border-bottom: 0.125em solid darkcyan;
    border-left: 0.5em solid darkcyan;
    margin-bottom: 1.0em;
    padding: 0.25em 0.5em;
}
p {
    margin-bottom: 2.0em;
    text-indent: 1.0em;
}
pre {
    background:lightcyan;
    border: 0.1em solid gray;
    margin-bottom: 1.0em;
    overflow:auto;
}

原稿ファイルの結合

○以下のコマンドを端末にコピー&ペーストして「Enter」キーを押す。

cd ~/ドキュメント/blog/00;\
echo -e '<link href="layout.css" rel="stylesheet"></link>\n## CHAPTER 0 はじめに\n' > ../chapter0.md;cat 01.md 02.md 03.md >> ../chapter0.md;\
cd ~/ドキュメント/blog/01;\
echo -e '<link href="layout.css" rel="stylesheet"></link>\n## CHAPTER 1 環境の構築\n' > ../chapter1.md;cat 01.md 02.md 03.md 04.md 05.md 06.md 07.md 08.md 09.md 10.md 11.md 12.md 13.md >> ../chapter1.md;\
cd ~/ドキュメント/blog/02;\
echo -e '<link href="layout.css" rel="stylesheet"></link>\n## CHAPTER 2 バックテストの陥穽\n' > ../chapter2.md;cat 01.md 02.md 03.md >> ../chapter2.md;\
cd ~/ドキュメント/blog/03;\
echo -e '<link href="layout.css" rel="stylesheet"></link>\n## CHAPTER 3 パフォーマンス評価\n' > ../chapter3.md;cat 01.md 02.md 03.md 04.md 05.md >> ../chapter3.md
cd ~/ドキュメント/blog/04;\
echo -e '<link href="layout.css" rel="stylesheet"></link>\n## CHAPTER 4 リスク管理\n' > ../chapter4.md;cat 01.md 02.md 03.md 04.md 05.md 06.md >> ../chapter4.md;\
cd ~/ドキュメント/blog/05;\
echo -e '<link href="layout.css" rel="stylesheet"></link>\n## CHAPTER 5 トレード戦略\n' > ../chapter5.md;cat 01.md 02.md 03.md 04.md 05.md >> ../chapter5.md;\
cd ~/ドキュメント/blog/06;\
echo -e '<link href="layout.css" rel="stylesheet"></link>\n## CHAPTER 6 MT4\n' > ../chapter6.md;cat 01.md 02.md 03.md >> ../chapter6.md;\
cd ~/ドキュメント/blog/07;\
echo -e '<link href="layout.css" rel="stylesheet"></link>\n## CHAPTER 7 リターンとボラティリティ\n' > ../chapter7.md;cat 01.md 02.md 03.md 04.md 05.md 06.md >> ../chapter7.md;\
cd ~/ドキュメント/blog/08;\
echo -e '<link href="layout.css" rel="stylesheet"></link>\n## CHAPTER 8 ランダムウォーク\n' > ../chapter8.md;cat 01.md 02.md 03.md 04.md >> ../chapter8.md
cd ~/ドキュメント/blog/09;\
echo -e '<link href="layout.css" rel="stylesheet"></link>\n## CHAPTER 9 その他\n' > ../chapter9.md;cat 01.md 02.md 03.md 04.md 05.md 06.md 07.md >> ../chapter9.md

「CHAPTER 0」〜「CHAPTER 9」の各章が作成される。

電子書籍の作成

①以下のアドレスをクリックする。

http://conv.denshochan.com/

②「アップロードしてね」で「参照...」ボタンをクリックする。

③「ファイルのアップロード」で「~/ドキュメント/blog」フォルダーに移動する。

④「layout.css」ファイルを選択する。

⑤[Ctrl]キーを押しながら「chapter0.md」、「chapter1.md」、「chapter2.md」、「chapter3.md」、「chapter4.md」、「chapter5.md」、「chapter6.md」、「chapter7.md」、「chapter8.md」、「chapter9.md」の各ファイルを選択する。

⑥「開く」ボタンをクリックする。

⑦「情報を入れてね」の「タイトル(必須)」に「FXと定量分析 (2017/02/16)」と入力する。

⑧「作成者」に「西 明」と入力する。

⑨「ページ送り方向」で「左から右 横書き」が選択されているのを確認する。

⑩「お好みでどうぞ」の「ページ自動生成」で「扉ページ」、「目次ページ」にチェックを入れる。

⑪「変換」ボタンをクリックする。

⑫「***.epub を開く」で「ファイルを保存する」を選択する。

ファイル名は作成するたびに違う。

⑬「OK」ボタンをクリックする。

***.epub」ファイルが「~/ダウンロード」フォルダーに保存される。

⑭「***.epub」ファイルを「forex_and_quantitative_analysis.epub」ファイルにリネームする。

電子書籍のサンプル

上の手順で作成した電子書籍がこれ。

https://github.com/fxst24/fxst24/blob/master/forex_and_quantitative_analysis.epub

(2017/02/16更新)

コメント

非公開コメント