EAの使い方

EAの基本的な使い方を説明する。

EA使用の準備

「執行専用EAの作成」で作成した「ExecutionOnly」をドル円5分足チャートで使用する場合を例とする。

①MT4のメニューバーで「ファイル」をクリックする。

②「新規チャート」をクリックする。

新規チャート内部の構成や通貨ペアの名前はどのFX会社のサーバーを使うかで違ってくる。ここではOANDAのデモ口座を使用した場合の例である。

③「USDJPY」をクリックする。

「USDJPY,H1」(ドル円1時間足)チャートが表示される。

④ツールバーで「M5」ボタンをクリックする。

「USDJPY,M5」(ドル円5分足)チャートに変更される。

チャートの変更

私の好みなので、このようにする必要はない。

①ツールバーで「ローソク足」ボタンをクリックする。

小さくて分からないが、足がバーチャートからローソク足に変更される。

②ツールバーで「ズームイン」ボタンを数回クリックして好みの大きさにする。

大きくしすぎたと思ったら、同じくツールバーで「スームアウト」ボタンをクリックして調整する。

EAのロード

上に続けて実行する。

①「ナビゲーター」で「エキスパートアドバイザ」をダブルクリックして展開する。

初めから展開していれば必要ない。また、ナビゲーターが表示されていなければ、メニューバーで「表示」→「ナビゲーター」の順にクリックして表示させる。

②「ExecutionOnly」を「USDJPY,M5」チャート上にドラッグ&ドロップする。

③「Expert - ExecutionOnly」で「全般」タブをクリックする。

④「自動売買を許可する」にチェックを入れる。

⑤「OK」ボタンをクリックする。

「USDJPY,M5」チャートの右上隅に「ExecutionOnly」と表示される。

EAの稼働

○(EAが停止状態の場合、つまりMT4のツールバーの「自動売買」ボタンが赤の停止マークの場合、)「自動売買」ボタンをクリックして緑の再生マークに変える(稼動状態となる)。

停止状態から稼動状態になった場合、他のチャートにロードしているEAがあれば、そのEAも稼動する。

EAの停止

○(EAが稼動状態の場合、つまりMT4のツールバーの「自動売買」ボタンが緑の再生マークの場合、)「自動売買」ボタンをクリックして赤の停止マークに変える(停止状態となる)。

稼動状態から停止状態になった場合、他のチャートにロードしているEAがあれば、そのEAも停止する。

EAの削除

ここにおけるEAの削除とはチャート上にロードしているEAをロードしていない状態に戻すという意味であり、以下の手順でEAのソースファイル、実行ファイルが削除されることはない。

①「USDJPY,M5」チャートを右クリックする。

②「エキスパートアドバイザ」にカーソルを合わせる。

③「削除」をクリックする。

「USDJPY,M5」チャートの右上隅の「ExecutionOnly」が消える。

(2016/11/14更新)

コメント

非公開コメント