oandapyのインストール

oandapyをインストールする。oandapyはOANDAの口座からデータを取得するので、OANDAのデモ口座も開設しておく。

oandapyのインストール

○以下のコマンドを端末にコピー&ペーストして「Enter」キーを押す。

pip install git+https://github.com/oanda/oandapy.git

OANDAのデモ口座の開設

①以下のアドレスをクリックする。

https://www.oanda.jp/

②右上の「デモ申込」ボタンをクリックする。

③「無料デモ口座開設フォーム」の「デモ口座利用規程及び個人情報のお取扱いについて」で「同意・承諾します」にチェックを入れる。

④「お申込みフォーム」の「お名前」の「姓」に姓を全角で入力する。

⑤「名」に名を全角で入力する。

⑥「フリガナ」の「セイ」に姓を全角カナで入力する。

⑦「メイ」に名を全角カナで入力する。

⑧「性別」で「男性」、あるいは「女性」を選択する。

⑨「連絡メールアドレス」でメールアドレスを入力する。

⑩「連絡メールアドレス(確認用)」でもう一度メールアドレスを入力する。

⑪「電話番号」で電話番号を入力する。

⑫「勧誘の受諾の意思の表明」で「同意・承諾します」にチェックを入れる。

⑬「勧誘招請について」で「同意・承諾します」にチェックを入れる。

⑭「デモ口座ID(fxTradePracticeID)を発行する」ボタンをクリックする。

⑮登録したメールアドレスに送られたIDとPWを確認する。

アカウントIDとアクセストークンの取得

上に続けて実行する。

①「無料デモ口座開設フォーム」で「デモ ログインへ」ボタンをクリックする。

②「デモ口座ログイン」で「お客様のIDを入力してください」にIDを入力する。

③「パスワードを入力してください」にPWを入力する。

④「デモ口座ログイン情報を記憶する」にチェックを入れる。

⑤「ログイン」ボタンをクリックする。

⑥(ブラウザがFirefoxの場合のみ)「このログイン情報を Firefox に記憶させますか?」で「記憶」ボタンをクリックする。

⑦「口座情報」の「アカウント」で「Primary」の右にある数字をメモする。

これがAPIアクセスに必要なアカウントIDとなる。メールアドレスに送られたIDではないので注意。

⑧「MT4/API関連」の「APIアクセスの管理」をクリックする。

⑨「REST APIアクセスの管理」で「発行する」ボタンをクリックする。

⑩「あなたのPersonal Access Tokenは下記となります。」の下のトークンをメモする。

これがAPIアクセスに必要なアクセストークンとなる。

(2017/02/08更新)