JForexのインストール

ヒストリカルデータはデューカスコピー社のものを使う。そのためには先ずデューカスコピー社のデモ口座を解説し、JForexというツールをインストールする必要がある。以下にその手順などを説明する。なお、デモ口座は期限が1ヶ月だが、デューカスコピー社に連絡すれば無期限にしてもらうこともできる。

デモ口座の開設

①以下のアドレスをクリックする。

https://www.dukascopy.jp/japan/japanese/home/

②「デモ口座開設」ボタンをクリックする。

③「デモ口座開設」の「デモ口座の申し込み」で必要事項にチェックを入れる、または入力する。

④「デモ口座を開設する」ボタンをクリックする。

⑤登録したメールアドレスに「デューカスコピー・ジャパン株式会社」からメールが来るので「ログイン」と「パスワード」を確認する。

JForexのダウンロード

①以下のアドレスをクリックする。

https://www.dukascopy.jp/japan/japanese/home/

②「ログイン」をクリックする。

③「インストール版 JForex(推奨)」で「JForexをインストール」をクリックする(使用しているOSに合ったバージョンのファイルが自動的に選択される)。

④「JForex_unix_64_JRE_bundled.sh を開く」で「ファイルを保存する」を選択する。

⑤「OK」ボタンをクリックし、「JForex_unix_64_JRE_bundled.sh」ファイルを「~/ダウンロード」フォルダーに保存する。

JForexのインストール

①端末に以下のコマンドをコピー&ペーストして「Enter」キーを押す。

bash ~/ダウンロード/JForex_unix_64_JRE_bundled.sh

②「言語の選択」で「日本語」が選択されているのを確認する。

③「OK」をクリックする。

④「セットアップ - JForex Platform 1.3」の「ようこそ JForex Platform セットアッププログラムへ。」で「次へ」をクリックする。

⑤「ユーザー設定」で「このユーザー(****)のみにインストールする」が選択されているのを確認する。

⑥「次へ」をクリックする。

⑦「インストール先の選択」の「インストール先のディレクトリ」で「/home/****/JForex」が選択されているのを確認する。

⑧「次へ」をクリックする。

⑨「シンボリックリンクのためのディレクトリを選択」で「シンボリックリンクの作成」にチェックが入っているのを確認する。

⑩「インストール先のディレクトリ」で「/home/****/bin」が選択されているのを確認する。

⑪「次へ」をクリックする。

⑫「ショートカット作成オプションの選択」で「デスクトップアイコンを作成する」にテェックが入っているのを確認する。

⑬「次へ」をクリックする。

⑭「JForex Platformのセットアップ完了」で「JForex Platform を実行する」にチェックが入っているのを確認する。

⑮「終了」をクリックする。

JForexの起動

○デスクトップの「JForex Platform」をダブルクリックする。

JForexへのログイン

①JForexのログイン画面で「ログイン」にデューカスコピー社から送られた「ログイン」を入力する。

②「パスワード」に同じくデューカスコピー社から送られた「パスワード」を入力する。

③「環境」で「DEMO」を選択する。

④「言語」で「日本語」が選択されているのを確認する。

⑤「ログイン」ボタンをクリックする。

JForexからのログアウト

①JForexのメニューバーの「ファイル」をクリックする。

②「ログアウト」をクリックする。

(2017/01/26更新)

コメント

非公開コメント