OANDA用設定ファイルの作成 (2017/05/10)

OANDA用の設定ファイルを作成する。設定は毎回、コマンド入力してもいいのだが、それでは面倒臭い。そこで毎回使う設定はファイルに記述しておく。

①以下の設定を「settings.ini」ファイルとして「~/py」フォルダーに保存する。

[DEFAULT]
environment = practice
account_id = 1234567
access_token = 1234567890123456789012345678901-2345678901234567890123456789012
fromaddr = abcd@yahoo.co.jp
password = 12345678
toaddr =abcd@example.com
folder_ea = .wine/drive_c/"Program Files (x86)"/"OANDA - MetaTrader"/mql4/Files

②自分の環境に合わせて設定内容を変更し、保存する。

  • environment: 口座の種類を設定するもので、デモ口座の場合は「practice」と入力する。
  • account_id: 「OANDA REST APIの準備」でメモしたアカウントIDを入力する。
  • access_token: 同じく「OANDA REST APIの準備」でメモしたアクセストークンを入力する。
  • fromaddr: 送信元メールアドレスを入力する。戦略のシグナルをメールで送信したい場合、このアドレスで送信する。また、ここではyahooメールを利用することとする。
  • password: 送信元メールアドレスのパスワードを入力する。
  • toaddr: 送信先メールアドレスを入力する。戦略のシグナルをメールで受信したい場合、このアドレスで受信する。これはどこのメールでも構わない。
  • folder_ea: MT4の「Files」フォルダーのパスを入力する。パスはMT4のインストール先によって設定例と違う場合もある。これは戦略のシグナルをEAに送信し、EAで執行したい場合に使う。